トサカメオトラン(鶏冠夫婦蘭)

Geodorum densiflorum


トサカメオトラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 メオトラン属

  • 特徴

  •  草丈30〜50cmの多年草。
     根には塊根がある。
     葉は線状長楕円形〜楕円状長楕円形で2〜4個つき、長さ20〜35cm、幅4〜9cm。表面には多数の縦脈がある。
     花下方の葉腋から伸びた花茎が上の方で下に曲がり、その先端の3〜5cmの花序に密にく。花は白色かやや紅色を帯び、長さ約1cm。唇弁は船形で上面に紫条があり、基部中央に黄色の突起がある。
     花後、花茎は直立し、長楕円形で長さ2.5〜3.5cmの果実となる。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(沖縄島、八重山諸島) 山地の明るい林縁、草地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1985年7月12日 沖縄県西表島
     中・花 2004年7月9日  同 上
     下左・果実 2008年8月23日  同 上
     下右・花  同 上

  • 撮影記

  •  花茎が上に伸びたあと急に下を向き、その先に花が咲くという面白い咲き方をするラン。また果実時には、花茎はまた直立する。
     この写真は八重山諸島の西表島で1985年撮影した。当時は林縁や草地でそこそこの数が見られたが、2004年に訪れた際は開発や道路拡張で大きく減少していた。
     しかし、西表島では比較的多いランで、道路が新しく造られた後しばらくすると、かなりの数が見られることが多く、パイオニア植物の一つのような気がする。

    花アップ2

    同じ科の仲間の花
花アップ1

果実