ツレサギソウ(連鷺草)

Platanthera japonica


ツレサギソウ

  • 科名・属名 : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴 :
     草丈30〜50cmの多年草。
     葉は5〜8個つき、下の3〜5枚は大きく、狭長楕円形で長さ10〜20cm、幅4〜7cm。先は尖り、基部は短い鞘となる。上部の葉は広線形。
     花は白色で多数つき、萼片と側花弁はかぶと状になり、長さ7〜8mm。唇弁は長楕円形で基部が横に広がり、長さ13〜15mm、柱頭の下に小突起がある。距は下垂し、線形で長さ3〜4cm。

  • 分布・生育地 :
     北海道(西南部)〜九州 (国外:朝鮮、中国)
     日当たりのよい草原、湿った林下

  • 花期 :  5〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     1995年6月10日  東京都高尾山
     中 2015年5月22日    同  上
     (上、中は拡大写真あり、写真をクリック)
     下左・花、下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     北海道南部から九州まで幅広く分布するが、いずれの地でも群生することはなく、ポツポツ生えていることが多い。
     この写真は、東京周辺では手軽なせいか最もハイキング客の多い(日本一多い?)高尾山の登山道の近く、こんなところにと思うような場所にあった。
     この年は季節の訪れが遅く、咲くまでに3回も通い、ハイキング客の目を気にしながら撮影した。
     かえって人の多い場所の方が採られにくいのかと思っていたら、一番登山道に近い株はやはり消えてしまった。
     最初の出会いから20年後、場所は異なるものの高尾山で久し振りにこの花に出合った。今度は生き残ってくれよと、見えにくいよう撮影後枯れ枝で隠して下山した。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
ツレサギソウ2

花