ヒロハテンナンショウ(広葉天南星)

Arisaema amurense subsp. robustum


ヒロハテンナンショウ

  • 科名・属名
  • : サトイモ科 テンナンショウ属

  • 特徴

  •  草丈15〜55cmの多年草。
     球茎は1〜3.5cmで、多数の子球をつける。
     葉は1個で、5〜7小葉からなる。小葉は狭卵形〜卵形〜倒卵形で、長さ6〜20cm、幅1.5〜10cm、先は鋭頭、全縁。
     花は葉よりも下につき、花柄は1〜6cm。仏炎苞は黄緑色〜緑色で光沢があり、隆起する白条がある。付属体は棒状または先がやや頭状で、黄緑色〜緑色。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州(福井県以北の主に日本海側)、九州(北部)
     山地の主にブナ林の林下

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年6月13日 長野県上高地
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  仏炎苞が緑色で白条のあるテンナンショウはゴロゴロある。見ただけで名前がわかったら楽しいのだが、草丈も小葉の枚数も、葉の縁の鋸歯も色々変化があって、判断しきれない場合が多い。  この花も典型的な緑色・白条の花であるが、花の位置が必ず葉よりも下に来るという特徴があり、それを判断の根拠とした。  この花を撮影した上高地には、同じよう花で、仏炎苞の位置が花よりも高いマムシグサもあり、慣れないとこんがらがってくる。

    同じ科の仲間の花
花アップ