ソメモノイモ(染物芋)

Dioscorea cirrhosa


ソメモノイモ

  • 科名・属名
  • : ヤマノイモ科 ヤマノイモ属

  • 特徴

  •  長さ10mになるつる性の多年草。
     地価に60蚊ら0cmの暗赤色の塊根がある。
     茎は太いものは約5mmになり、質は硬い。
     葉は対生し、卵状長楕円形〜長楕円形で、長さ8〜15cm、幅2〜5cm。質は硬い膜質で円脚、先は尖り、裏面は灰白色、3〜5脈がある。
     花は雄花序と雌花序があり、雄花序は複生して葉より短く、花被は楕円形。
     果実は翼とともに長さ1.8〜2.3cm、幅2.5〜3.5cm。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(石垣、西表島)  林縁

  • 花期
  • : 4〜5月?

  • 撮影月日・場所

  •  2011年5月23日 沖縄県西表島
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  道端に濃緑色の硬い葉のつる植物が垂れ下がっていた。
     同行したTさんが教えてくれた名前は、知ってはいたが実物を見るのは初めてだった。
     根に赤褐色の芋ができ、これを赤褐色の染料に使ったことからこの名がつけられている。
     残念ながら、花は殆ど終わっていて参考程度になってしまった。

    同じ科の仲間の花
花