ハナニラ(花韮)

Ipheion uniflorum



  • 科名・属名 : ユリ科 ハナニラ属
     注.APG分類ではヒガンバナ科(AMARYLLIDACEAE)

  • 特徴 :
     草丈10〜25cmの多年草。逸出帰化。
     鱗茎は直径2cmほどで、葉は線形で長さ、10〜20cm、多肉質。
     花は直径約3cm、白色〜淡紫色。花弁は6枚で、中央には紫色の筋が目立つ。

  • 分布・生育地 : 逸出帰化(アルゼンチン原産)
     空き地や路傍

  • 花期 :  3〜5月

  • 撮影月日・場所 :
     2005年4月17日  東京都日野市
     中・群落 2015年4月3日  東京都八王子市
     下・花    同  上

  • 撮影記 :
     このあたりの植物になると逸出か栽培かの区別が難しいが、アルゼンチン原産で、空き地や路傍で逸出帰化しているのをよく見かけるのでとり上げた。
     自生にこだわって撮影しアップしているので、園芸種の逸出をどこまで取りあげるかは難しいが、どう見ても人が植えたものでない場所や状態で咲いている花については、自分としては広い意味での自生として位置づけ載せていくことにしたい。

  • 同じ科の仲間の花
群落

花