ホトトギス(杜鵑草)

Tricyrtis hirta


ホトトギス

  • 科名・属名
  • : ユリ科 ホトトギス属

  • 特徴

  •  草丈40cm〜100cmの多年草。
     茎は立つか、崖から垂れ下がり、褐色の毛が上向きに密に生える。
     葉は互生して左右に並び、長楕円形〜披針形で、長さ8〜20cm、基部は茎を抱く。
     花は葉腋に着き、斜め上向きに開く。花被片は6個、白色に紫色の斑点が多数あり、下部に黄色の斑点がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道(西南部)〜九州
     山地の崖など湿った場所

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年10月6日 神奈川県足柄上郡
     アップ 1994年10月10日 静岡県熱海市

  • 撮影記

  •  山の崖から垂れ下がり、多くの花を咲かせていることが多い。
     ただ、写真のように多くの花をつける株は珍しい。
     よく庭などで見かける本種によく似た花は、タイワンホトトギスという園芸種である。
     花はアップで見ると紫色の斑点が、花弁だけでなく、花柱や花糸にも多数ついているのがわかる。

    同じ科の仲間の花
花アップ