ジャノヒゲ(蛇の髭)

Ophiopogon japonicus


ジャノヒゲ

  • 科名・属名
  • : ユリ科 ジャノヒゲ属

  • 特徴

  •  花茎7〜15cmの多年草。
     長い匐枝を出して増え、群生することが多い。
     葉は根生し、線形で長さ10〜20cm、幅2〜3mmと細い。
     花茎はやや扁平で、狭い翼がある。花は総状花序になり、淡紫色〜白色。
     種子は球形でコバルト色。

  • 分布・生育地

  •  北海道(西南部)〜沖縄 山野の林下

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年7月16日 東京都日野市
     果実 2007年3月4日 埼玉県日高市

  • 撮影記

  •  HPを科別に整理していると、よく見かける花が、未撮影またはずっと以前の写真で使えないような場合がよくある。
     この花もその一つで、私の住んでいる東京の郊外でも、神社などでよく見かけるにもかかわらず、未撮影になっていた。
     通勤帰りに時々チェックし、いい株ではないもののやっと撮影した。

    同じ科の仲間の花
果実