ケイビラン(鶏尾蘭)

Alectorurus yedoensis


ケイビラン

  • 科名・属名
  • : ユリ科 ケイビラン属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの多年草。
     根出葉は束生し、剣状線形で長さ10〜40cm、幅1〜2.5cm。やや鎌状に曲がる。
     花は花茎の先に円錐花序となり、白色〜淡紫色。雌雄異株で、雄花の花被片は長楕円形、雌花の花被片は卵状長楕円形。

  • 分布・生育地

  •  本州(紀伊半島)、四国、九州
     山中の岩や崖

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年8月26日 鹿児島県屋久島
     中、下  同 上

  • 撮影記

  •  和名のケイビラン(鶏尾蘭)の由来は、葉の曲がった感じが雄鶏の尾の感じに似ていることからつけられている。
     屋久島の山頂近くの岩上によじ登ると、岩の隙間に根を下ろし、小さな花をつけているこの花が目に入った。今回の花見行の目的にしていた花だ。
     厳しい環境に耐えるため、身を小さくし茎を太くした姿は、低地の岩場で見るケイビランとは別の花のようだ。
     事実、山頂付近に生える葉の裏に黒い筋のあるものをケイビランの変種とする考え方もあり、それに従えばこの花はヤクシマケイビランということになる。

    同じ科の仲間の花
ケイビラン2

花アップ