キバナノアマナ(黄花の甘菜)

Gagea lutea


キバナノアマナ

  • 科名・属名
  • : ユリ科 キバナノアマナ属

  • 特徴

  •  草丈15〜25cmの多年草。
     鱗茎は卵形で長さ10〜15mm。
     根元から出る葉は線形で厚く、長さ15〜30cm、幅5mmの白緑色。
     花は花茎の先に2個の苞葉がつき、散形状に4〜10個、黄色の花をつける。花被片は6個、裏はやや緑色を帯びる。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州(中部地方以北)、四国
     日当たりのいい草地や林縁

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1991年4月24日 北海道札幌市

  • 撮影記

  •  初めてこの花見たのは、オオミスミソウを撮影に出かけた新潟県のことであった。
     道路脇の草むらにこの花を見つけ、珍しい出会いに大喜びして撮影した。
     ところが、北海道では市街地のちょっとした公園の林下でも、黄色に見えるほどこの花が群生していた。
     一面の白い雪が溶け出し、梅や桜やタンポポが一斉に花をつけるその喜びが、雪国に暮らして初めてわかった。

    同じ科の仲間の花