ソクシンラン(束心蘭)

Aletris spicata


ソクシンラン

  • 科名・属名 : ユリ科 ソクシンラン属
     注.APG分類ではキンコウカ科(NARTHECIACEAE)

  • 特徴 :
     草丈30〜50cmの多年草。
     根出葉は多数あり、線形で長さ10〜30cm。
     花は花茎の先に長さ20cm程度の穂状花序に多数つく。花被片はつぼ形で、先は6裂し、白色または淡紅色。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東地方以西)〜沖縄
     日当たりのいい草地や山麓
  • 花期 :  4〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     2005年5月1日  鹿児島県奄美大島
     中・花    同  上
     下・葉 2015年3月26日  沖縄県国頭郡

  • 撮影記 :
     根元から束になって出る葉の中心から花茎が立ち、葉がランに似ていることからこの和名が付けられている。
     写真でもわかるように花もパッとしない地味な花で、気をつけていないと見逃してしまう。
     そんな訳でほとんど使えるカットがなく、2005年、やっと撮り直しできた。

  • 同じ科の仲間の花
花

葉