タマスダレ(玉簾)

Zephyranthes candida


タマスダレ

  • 科名・属名
  • : ユリ科 タマスダレ属
     注.ヒガンバナ科の考え方もあり

  • 特徴

  •  草丈20〜30cmの多年草。逸出帰化。
     鱗茎は直径2〜3cm。
     葉は叢生し、扁平で線形、長さ約40cm。
     花は花茎の先に1個つき、白色で径約6cm、花弁は6個。

  • 分布・生育地

  •  逸出帰化(ブラジル原産)  人家周辺

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年10月10日 静岡県静岡市
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  増水し水没した跡がはっきり残る堀の土手、他の植物が枯れ泥にまみれている中、清潔そうな白い花をつけたこの花だけが咲いていた。
     帰化植物は繁殖力の強いものが多く、この花も貧栄養でもよく育つせいか、暑いブラジル原産にもかかわらず、色々な場所でよく見かける。
     しかし、帰化でも園芸種の逸出帰化は、いつ見ても風景にそぐわない感じがつきまとう。

    同じ科の仲間の花
花