テッポウユリ(鉄砲百合)

Lilium longiflorum


テッポウユリ1

  • 科名・属名 : ユリ科 ユリ属

  • 特徴 :
     草丈50〜100cmの多年草。
     鱗茎は扁球形、径5〜6cm、黄白色で苦いが強い。  葉は披針形で長さ10〜18cm。無柄で光沢がある。
     花は茎頂に数個つき、白色、ラッパ形で横向きに咲き、芳香がある。花被片は倒披針形で斑点がなく、長さ10〜16cm。
     果実(刮ハ)は長楕円形で長さ6〜9cm。

  • 分布・生育地 :
     九州(種子島、屋久島)〜沖縄 (国外:台湾)
     海岸近くの崖

  • 花期 :   3〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体 2005年4月24日  沖縄県与那国島
     中・全体2 2017年5月20日  鹿児島県屋久島
     (上、中は拡大写真あり、写真をクリック)
     左下・花 2004年4月11日  沖縄県石垣島
     右下・葉 2018年4月19日  鹿児島県鹿児島郡

  • 撮影記 :
     この花にはさんご礁と青い海がよく似合う。沖縄の隆起さんご礁の崖の上に咲いている純白の花は南国を感じさせてくれる。
     沖縄ではごく普通に見られるユリで、花が大きく純白で香りもいいことから、切花用として広く栽培されている。
     南西諸島ではよく見かけるが、有名な場所は観光地化している割にはパッとせず、与那国島でやっと群生に出会った。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
テッポウユリ2

花