チゴユリ(稚児百合)

Disporum smilacinum


チゴユリ

  • 科名・属名
  • : ユリ科 チゴユリ属

  • 特徴

  •  草丈15〜30cmの多年草。
     茎は分枝しないか、まれに分枝する。
     葉は楕円形または長楕円形で長さ4〜7cm、先は尖る。
     花は茎頂に1〜2個、横向きかやや下向きに付く。花被片は長さ10〜15mm、白色で6個が広鐘形に開く。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州 山野の林内

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1990年5月20日 北海道江別市

  • 撮影記

  •  茎の先に小さくて可愛い花が咲き、その様子を稚児行列の稚児に例えて和名が付けられている。
     北海道から九州までごく普通に見られ、まだ新緑が眩しい雑木林の林下などで群生している。

    同じ科の仲間の花