チシマゼキショウ(千島石菖)

Tofieldia coccinea


チシマゼキショウ

  • 科名・属名
  • : ユリ科 チシマゼキショウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜15cmの多年草。
     根元からから出る葉は線形、扁平で、長さ2〜10cm、先は尖る。
     花は白色または赤紫色を帯び、数個〜十数個密につける。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州中部以北の高山
     岩上や岩礫地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1985年7月7日 北海道夕張岳

  • 撮影記

  •  本州中部以北の高山帯の岩上や岩礫地に生え、礼文島では海岸近くにまで降りていた。
     写真の株は花茎が1本しかないが、何本も花茎をあげる株もある。

    同じ科の仲間の花