ヤブラン(藪蘭)

Liriope platyphylla


ヤブラン

  • 科名・属名
  • : ユリ科 ヤブラン属

  • 特徴

  •  草丈30〜50cmの多年草。
     匐枝はなく、葉は線形で、長さ30〜60cm、幅1cm前後。
     花は花茎に小さな花が総状に多数つく。花被片は淡紫色で花茎は3〜5mm。種子は球形で紫黒色。

  • 分布・生育地

  •  本州〜沖縄  山野の林下

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年9月14日 東京都日野市
     下・花  同 上

  • 撮影記

  •  公園や庭などのグランドカバーとしてよく植えられてる。
     葉に斑の入るものがあり、園芸種としても栽培されている。
     ごく普通の植物で、やや暗い木陰などでも見かける。種子は球形で光沢のある黒色。

    同じ科の仲間の花
花アップ