ホラシノブ(洞忍)

Sphenomeris chinensis


ホラシノブ1

  • 科名・属名 :
     ホングウシダ科 ホラシノブ属

  • 特徴 :
     草丈25〜65cmの常緑性シダ。
     根茎は短く匍匐、不規則に分枝し、径3〜4mm、線形で光沢のある褐色〜赤褐色の鱗片がある。
     葉は数枚叢生し、葉身は3〜4回羽状複生、葉身は広長楕円状披針形〜長楕円状披針形、長さ(15-)21〜32(-41)cm、幅(6.5-)8〜14(-20)cm、下部1〜2対の羽片は少し短くなる。質は厚い革質、淡緑色〜緑色、冬期に紅葉することがある。裂片は狭いくさび形、長さ(0.9-)1.4〜2.7(-4.2)cm、幅(0.3-)0.6〜1.1(-1.8)cm、外側はやや切形。葉柄は緑色〜黄緑色、基部は褐色、長さ(7.5-)12〜20(-25)cm、まばらに披針状で褐色の鱗片をつける。
     胞子嚢群は羽片裂片の辺縁に沿ってポケット状になり、包膜は卵形で全縁は葉縁に近づく。

  • 分布・生育地 :
     本州(岩手県以南)〜沖縄 (国外:東アジア〜南アジア、マダガスカル、ポリネシア他)
     山地の日当たりのいい乾燥した場所

  • 撮影月日・場所 :
     2007年2月10日  神奈川県三浦半島
     中 2007年6月11日  鹿児島県奄美大島
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・胞子嚢群 2007年2月10日  神奈川県三浦半島

  • 撮影記 :
     初めてシダを目的に撮影に出かけた神奈川県三浦半島、山道の法面に垂れ下がって生えていた。
     日当たりのいい崖地などに生え、旧世界の熱帯地域まで広い地域に分布している。
     日本でも岩手県〜沖縄までと広く分布し、葉色、大きさなど個体差が非常に大きい種の一つである。

  • その他のシダ
ホラシノブ2

胞子嚢群