エビガラシダ(海老殻羊歯)

Cheilanthes chusana


エビガラシダ

  • 科名・属名
     イノモトソウ科 エビガラシダ属

  • 特徴 :
     草丈8〜30cmの常緑性シダ。
     根茎は短く斜上し、葉を叢生する。
     葉身は狭披針形〜長楕円形で基部は多少狭くなり、長さ5〜25cm、幅2〜5cm。質はややもろく硬い草質。羽片は無柄、三角状披針形で鋭頭で羽状に分裂する。小羽片は円頭で全縁、基部は羽軸に流れる。葉裏は緑色で粉白にはならない。葉柄は光沢のある紫褐色で、長さ1.5〜5cm。
     胞子嚢群は裂片の辺縁につき、偽包膜は胞子嚢群ごとに独立するか、時に隣り合う2〜3個が合着する。

  • 分布・生育地 :
     本州(和歌山、岡山、広島県)、四国、九州 (国外:朝鮮(南部)、中国〜インドシナ)
     日当りのいい岩の隙間、石垣

  • 撮影月日・場所 :
     2013年3月23日  徳島県那賀郡
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・胞子嚢群    同  上

  • 撮影記 :
     図鑑で目にする胞子嚢群のつき方に惹かれ、ぜひお目にかかりたいものだと思っていた。
     関東地方にはなく、本州も限られた県しかないため、なかなか出会えないものと考えていた。
     ある時出かけた四国で、このシダの自生地を教えていただいた。
     そこは県道際の崖地で、岩間にへばりつくようにこのシダが葉を広げていた。
     予想通り、葉縁につく胞子嚢群は何とも言えない美しさがあった。

  • その他のシダ
胞子嚢群