ギンシダ(銀羊歯)

Pityrogramma calomelanos


ギンシダ

  • 科名・属名 : イノモトソウ科 ギンシダ属

  • 特徴 :
     草丈30〜90cmの常緑性シダ。帰化。
     根茎は短く、葉は直立〜斜上する。
     葉身は2〜3回羽状複葉、長楕円形で長さ15〜60cm、幅8〜25cm。下部羽片は柄があり、線状狭三角形、中軸や羽軸には溝があって葉柄へ流れ込む。裂片は楕円形〜へら形、鋭頭で鋸歯縁。質は草質〜紙質、表面は淡緑色で下面はろう質の粉白に覆われる。葉柄は光沢のある暗紫褐色で、長さ20〜40cm、基部に光沢のある褐色の鱗片をつける。
     胞子嚢群は葉脈に沿って羽片の裏面全体につき、包膜はなく裸出する。胞子は暗色で、不規則な網状の突起がある。

  • 分布・生育地 :
     帰化(熱帯アメリカ原産) (国外:アジア熱帯域に広く帰化)
     山道や農道の際、畑

  • 撮影月日・場所 :
     2007年4月28日  沖縄県西表島
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・胞子嚢群    同  上

  • 撮影記 :
     シダの帰化種というのはそう多くはなく、これはそのうちの一つで沖縄で見られる。
     図鑑によると戦前に記録はなく比較的新しい帰化で、八重山諸島の山道や農道の路傍で見られるとされている。
     西表島で何度か見かけたが、道路際よりもパイン畑の中で見られ、ギンシダの和名の基になった裏面の粉白がよく目立った。
     しかし、パイン畑ではこのシダが繁茂していても何年か後に再度耕作され、生育地はよく移動する。

  • その他のシダ
胞子嚢群