ハンコクシダ(ハンコク羊歯)

Diplazium pullingeri


ハンコクシダ

  • 科名・属名 : イワデンダ科 ヘラシダ属

  • 特徴 :
     草丈30〜60cmの常緑性シダ。
     根茎は短く、葉を叢生する。
     葉身は単羽状で、長さ25〜40cm、頂羽片なく、羽片の基部が中軸に流れる。側羽片は線形で鎌状に曲がり、長さ4〜10cm、幅約1cm。基部は前側が耳状に尖る。葉柄は長さ10〜25cm、基部には披針形で茶色の鱗片が疎らにあり、基部だけでなく中軸や羽軸にも茶色の多細胞毛が密生する。
     胞子嚢群は線形で中肋近くから辺縁に向かって伸び、包膜は褐色で薄い。

  • 分布・生育地 :
     九州(屋久島以南)〜沖縄
     山地のやや乾いた林下

  • 撮影月日・場所 :
     2007年6月10日  鹿児島県奄美大島
     下・胞子嚢    同  上

  • 撮影記 :
     木漏れ日の林下を歩いていると、軸に毛を密生し、叢生する葉をつけたシダが目に入った。
     本州では目にしたことのない形のシダで、林下に点々と株が見られた。
     目的の花は蕾でガッカリして戻る途中だったので、シダで埋め合わせをしようとしっかり撮影した。
     和名のハンコクはこのシダを発見したHancock(ハンコクorハンコック)にちなんで付けられたものである。

  • その他のシダ