オオフジシダ(大富士羊歯)

Monachosorum flagellare


オオフジシダ

  • 科名・属名 :
     コバノイシカグマ科 オオフジシダ属

  • 特徴 :
     草丈25〜90cmの常緑性シダ。
     根茎は短く斜上し、微細な毛がある。
     葉はらせん状につき、葉身は三角状広披針形で2〜3回羽状複生、長さ20〜60cm、幅7〜20cm。質は薄い草質で鮮緑色、小羽片は長楕円形、先は鈍頭〜円頭、縁は深い鋸歯縁〜羽状深裂し、表面は無毛で裏面のみ小さな毛があることもある。最下小羽片は前側(内先)につき、中軸の先がつる状に伸び、芽をつける場合もあるが中軸に無性芽はつけない。葉柄は、長さ6〜30cm、上部はわら色、下部に褐色で半透明の毛がある。
     胞子嚢群は裂片の辺縁から少し内側に寄ってつき、円形で包膜はない。

  • 分布・生育地 :
     本州(栃木県、中部地方以西)〜九州
     山地林下

  • 撮影月日・場所 :
     2010年5月4日  静岡県浜松市
     下・胞子嚢群    同  上

  • 撮影記 :
     地元に住んでいる小学校〜大学時代の生物部の先輩と、静岡県西部のシダを見て歩いた。
     学生時代は昆虫少年で蝶やカミキリを追いかけていたのに、まさかシダを探して一緒に行動するとは思わなかった。
     自分はシダの初心者、教えられるままに数多くの種類のシダを撮影し、収穫の多い一日だった。
     このシダはその日の最後、長野県との県境近くの山林の斜面で撮影した。

  • その他のシダ
胞子嚢群