カンシノブホラゴケ(桿忍洞苔)

Crepidomanes thysanostomum


カンシノブホラゴケ

  • 科名・属名 :
     コケシノブ科 アオラゴケ属

  • 特徴 :
     草丈30〜80cmの常緑性シダ。
     根茎は短く直立し、数個の葉を叢生する。
     葉身は卵状長楕円形で、4〜5回羽状分裂し、長さ12〜55cm、幅7〜18cm。長さ10〜35cmの灰褐色の葉柄がある。葉柄、中軸、羽軸には折れて落ちやすい翼がある。
     胞子嚢群は葉の上半部に多く、裂片の先端に1個つき、包膜はコップ状、唇部は切形〜やや反転、辺縁に根棒状の付属物がつく。
     別名 オオカンシノブホラゴケ、ヤエヤマカンシノブホラゴケ

  • 分布・生育地 :
     沖縄(本島、八重山諸島)
     川沿いの泥の積もった岩上

  • 撮影月日・場所 :
     2009年2月21日  沖縄県西表島
     下・胞子嚢    同  上

  • 撮影記 :
     西表島はマングローブ林の間を流れる川の遊覧が目玉の観光の一つで、日本とは思えない光景に出会える。
     観光客はそこまでであるが、川の上流部まで遡行し苔むした沢に入ると、これまた亜熱帯の情景が広がる。
     そんな道のない沢を遡行していると、レースのように細かく裂けた葉を持つこのシダに出会える。
     緑色のレースは、優に60〜70cmを越える見事な大きさで、繊細なうえに優雅さも感じさせる。

  • その他のシダ
胞子嚢