クルマシダ(車羊歯)

Asplenium wrightii


クルマシダ

  • 科名・属名 :
     チャセンシダ科 チャセンシダ属

  • 特徴 :
     草丈40〜100cmの常緑性シダ。
     根茎は短くて直立し、葉を叢生し大きな株を作る。
     葉身は単羽状複生、広披針形で、長さ30〜80cm、幅15〜25cm。最下羽片が最も大きく、上部にいくに従って短くなるが、明確な頂羽片はない。羽片は10〜20対、披針形でやや鎌状、長さ7〜17cm、幅1〜2cm。先は鋭尖頭、縁には鋸歯があり、基部上側は耳状に突出する。葉質は厚く、濃緑色、平滑で柔らかい。葉柄は緑色〜暗紫褐色、長さ15〜25cm、表側に溝がある。
     胞子嚢群は線形、羽軸から縁近くまで伸び、包膜は長さ約1.5cm、縁に腺毛状の毛がある。

  • 分布・生育地 :
     本州(伊豆半島、東海以西)〜沖縄 (国外:朝鮮、台湾、中国、インドシナ、フィリピン)
     林下のやや湿った場所、まれに岩上

  • 撮影月日・場所 :
     2010年3月27日  静岡県焼津市
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・表面、下・裏面    同  上

  • 撮影記 :
     図鑑で見るとやや湾曲したフォルムが美しいシダで、ぜひ見てみたいシダの一つであった。
     分布は東海地方以西で、このシダを見るためだけに出かけるというのも気が引け、何かの機会にと思っていた。
     春先、ある花の情報を得て出かけた静岡県のある山、車もほとんど通らない林道をのんびり歩いていると、植林地の下でツヤのあるシダが目に入った。
     このシダではないかと急いで近寄ると、やはりその通りで、思いもかけない場所での出会いで大喜びした。
     ここで、すっかり時間を費やしてしまい、その後の予定が大きく狂い、帰りが遅くなってしまった。

  • その他のシダ
葉表

胞子嚢群