ラハオシダ(羅浮羊歯)

Hymenasplenium excisum


ラハオシダ

  • 科名・属名
  • : チャセンシダ科 ホウビシダ属

  • 特徴

  •  長さ30〜50cmの常緑性シダ。
     根茎は短く横に這い、先端に鱗片をつける。
     葉身は単羽状で、長さ30〜40cm、幅7〜18cm。羽片は基部のものが最も大きく、頂羽片は発達しない。側羽片はやや鎌状で、長さ7〜9cm、幅1.5cm程度。質はやや薄く表面は緑色、鋭尖頭で前側は広いくさび形、後側は1/3以上が欠落し、辺縁には鋸歯がある。葉柄は長さ約20cm、暗褐色〜黒色で光沢がある。
     胞子嚢群は羽片中肋の両側に多数並び、短い線形で長さ5〜6mm。

  • 分布・生育地

  •  九州(奄美大島以南)〜沖縄、小笠原
     山地のやや湿った林下

  • 撮影月日・場所

  •  2012年10月23日 沖縄県国頭郡
     下・胞子嚢   同 上

  • 撮影記

  •  そのシダの生えていたのは、常緑樹が周りを覆う隆起石灰岩の大きな窪地の中だった。
     深さは3m程度だろうか、昼でも薄暗く湿り気のあるこのような場所は、「ハブ」の絶好の生育地だ。事実、同行した地元の花仲間もここで「ハブ」に出会ったとのこと。
     辺りを棒で叩いてから慎重に穴の中へ降り、さらに石灰岩の隙間も気をつけて見る。
     壁から垂れ下がる数本の株は、大きいものではなく胞子嚢も未熟であったが、そう出会う機会のないシダだけに何カットも撮影した。
     ラハオ(羅浮)とは台湾の地名で、そこで発見されたことからこの和名がつけられているようだ。

    その他のシダ
胞子嚢群