イワオモダカ(岩面高)

Pyrrosia hastata


イワオモダカ

  • 科名・属名 : ウラボシ科 ヒトツバ属

  • 特徴 :
     草丈15〜40cmの常緑性シダ。着生。
     根茎は短く、横走し、披針形で黒褐色に鱗片があり、葉をやや相接してつける。
     葉身はほこ形で掌状に3〜5裂し、長さ5〜15cm、幅3.5〜12cm。中央裂片が最も大きく、三角状披針形〜披針形で、鋭尖頭、長さ3〜12cm。一対の側裂片は、狭三角状、先は尾状、長さ2〜6cm。時にもう一対の小さい側裂片が葉身基部につく場合もある。葉身の基部は心形〜広いくさび形。表面は緑色〜暗緑色で星状毛はないが、葉裏は赤褐色〜灰褐色の星状毛に密に覆われ褐色に見える。葉柄は淡褐色で長さ12〜25cm、初め淡褐色の星状毛が密生するが、後になくなる。
     胞子嚢群は主脈の間に3〜7列に並び、円形。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州   深山の岩上、樹幹

  • 撮影月日・場所 :
     2008年11月2日  長野県小諸市
     下・胞子嚢    同  上

  • 撮影記 :
     ある神社の境内、太い木の枝分かれした部分に、このシダがまとまって着生していた。
     乾燥気味のせいか、一部の葉は少し丸まって赤褐色の葉裏の一部が見える。
     着生している雰囲気が出るよう、色々な角度から撮影した。
     濃緑色の葉表と赤褐色の葉裏のコントラストが美しいシダである。

  • その他のシダ
胞子嚢群