ハシカグサ(はしか草)

Hedyotis lindlyana var. hirsuta


ハシカグサ

  • 科名・属名
  • : アカネ科 フタバムグラ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの1年草。
     茎は柔らかく、枝分かれして地に広がる。
     葉は対生し、卵形〜狭卵形で長さ2〜6cm、幅1〜2cm。両面にまばらに白い毛がはえる。
     花は茎頂や葉腋に数個束生する。花冠は白色で直径2mm程度、先は4裂し、裂片は卵形で先が尖る。
     刮ハは球形で直径3〜4mm。

  • 分布・生育地

  •  本州〜沖縄 山野の道端の日陰

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年9月4日 高知県幡多郡

  • 撮影記

  •  山野の道沿いのやや日陰に小さな白い花を咲かせるが、目立たない花の一つである。
     それなりに多くの花を見逃さずに撮影してきたと思っていたが、普通種にもかかわらずこの花はやっと最近撮影した。

    同じ科の仲間の花