ヤエヤマコンロンカ(八重山崑崙花)

Mussaenda parviflora var. yaeyamensis


ヤエヤマコンロンカ1

  • 科名・属名
  • : アカネ科 コンロンカ属

  • 特徴

  •  高さ2〜3mのややつる性の常緑低木。
     葉は対生し、楕円形で長さ6〜14cm、幅3〜6cm。先は鋭く尖り、両面脈上に短い毛が散生する。
     花は枝先に集散花序を作り、疎らに多数の花をつける。花冠は黄色で漏斗形、長さ約12mm、先は5裂する。萼片は5個、広卵形で白色、長さ2〜3cm。
     果実(液果)は楕円形で長さ8〜10mm、黒紫色に熟す。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(八重山列島)  林縁

  • 花期
  • : 3〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年3月27日 沖縄県西表島
     中 2004年4月11日   同 上
     下・花 2004年3月25日   同 上

  • 撮影記

  •  暗い常緑樹林下の林縁、小さな黄色の花よりも、白くて大きい萼の方が目立つ花である。
     基本種のコンロンカは屋久島以南に分布しているが、八重山列島に生育するものは、葉が大きくて楕円形であることから変種とする考え方がある。ここではそれに従ったが、変化は連続的で同一種としてもいいのだろう。
     西表島などを春訪れると、周回道路沿いでも白色の萼は目立ち、車を運転していても気がつく。

    同じ科の仲間の花
ヤエヤマコンロンカ2

花