ヤマムグラ(山葎)

Galium pogonanthum


ヤマムグラ

  • 科名・属名 : アカネ科 ヤエムグラ属

  • 特徴 :
     草丈10〜40cmの多年草。  茎は細く下部で分枝し、毛はない。
     葉は4個輪生し、広線形〜倒披針形で長さ1〜2cm、幅2〜4mm。先は尖り、縁と裏面脈上に上向きの短毛がある。輪生する葉は1対ずつ大きさが違う。
     花は枝先の小花柄の先に数個つき、花冠は淡緑色で直径約1.5mm、先は4裂し、背面には剛毛がある。
     果実はやや楕円形で、上向きの曲がった短毛がやや密に生える。

  • 分布・生育地 :
     本州〜九州  山地のやや乾いた場所

  • 花期 :  5〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     203年8月10日  埼玉県入間郡
     中・花 2015年5月22日  東京都高尾山
     下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     オオヒキヨモギを探しに出かけた埼玉県のある崖地。
     崖の途中にやっと見つけたオオヒキヨモギは貧弱な株に花が1〜2個、かわいそうなほどだった。
     ふと下を見ると時期はずれのこの花が咲いていた。
     普通は5〜6月ごろ、林下で見ることができるが、写真でもわかるように花は小さく、それなりに気配りしていないと見逃してしまう。

  • 同じ科の仲間の花
花

葉