イケマ(いけま)

Cynanchum caudatum


イケマ

  • 科名・属名
  • : ガガイモ科 イケマ属

  • 特徴

  •  つる性の多年草。
     茎は長く伸び、初めは微毛があり、切ると白い乳液が出る。
     葉は卵形で長さ5〜15cm、幅4〜10cmで先は尾状にとがる。葉柄は3〜6cm。
     花は葉腋からでる長さ6〜12cmの長い花柄の先に散状花序に多数つく。
     花冠は白色で5裂して先は反り返る。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州 山地の林縁や草地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1991年7月14日 北海道札幌市

  • 撮影記

  •  和名の「いけま」の語源はアイヌ語のikema(神の足)に由来しているそうで、この写真も北海道で撮影した。
     コイケマによく似ているものの、花柄が葉柄よりはるかに長く、同長かやや短いイケマと異なる。花冠裂片も反り返る。

    この科の仲間の花