イシダテクサタチバナ(石立草橘)

Cynanchum calcareum


イシダテクサタチバナ1

  • 科名・属名
  • : ガガイモ科 カモメヅル属

  • 特徴

  •  草丈30〜80cmの多年草。
     クサタチバナによく似ているが、以下の違いがある。
     葉は狭楕円形でより小型、厚い膜質で、上面は無毛。
     花序は茎頂のみにつき、小花柄はより短く、花冠裂片の先が尖る。萼片は狭披針形。

  • 分布・生育地

  •  四国(徳島、高知県)  山地の林下

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2010年7月3日 徳島県
     中、下・花   同 上

  • 撮影記

  •  梅雨の真っ最中、天気予報も100%の雨予報、何とか降らずにいてくれないかと祈りながら山に向かった。
     目的は徳島・高知の県境にある石立山で発見されたこの花、石立山以外の山でも発見されていて、今日はその山が目的地だ。
     山道に入ると、風は強く今にも降りだしそうだが、何とか降らずに持っている。
     ここも鹿ののため下草は綺麗さっぱり食われている。鹿の食わない植物だけが残っている。
     幸いなことにこの花も鹿の嫌いな植物のようで、この花だけが塊となって残っていて、花期もちょうどよかった。
     クサタチバナに比べると、確かに葉が狭く、花弁の先が尖り気味だ。
     風が強く撮影には苦労したが、やっと撮影し終えた頃、雨が降り出した。何とか撮り終わるまで待ってくれた空に感謝しつつ、早々に山を降りた。

    同じ科の仲間の花
イシダテクサタチバナ2

花