クサタチバナ(草橘)

Vincetoxicum acuminatum


クサタチバナ1

  • 科名・属名 : ガガイモ科 カモメヅル属
     注.APG分類では、キョウチクトウ科(APOCYNACEAE)

  • 特徴 :
     草丈30〜60cmの多年草。
     茎は直立し分枝しない。
     葉は対生し、卵形〜長楕円形で長さ5〜13cm、幅3〜6cm。先は鋭く尖り、両面の脈上に微毛がある。葉柄は5〜16mm。
     花は茎の上部の長い柄の先に集まってつき、花冠は白色で径約2cm。花冠は5裂し、裂片は長楕円形で先は円い。
     果実(袋果)広披針形で長さ4〜6cm、無毛。

  • 分布・生育地 :
     本州(関東地方以西)〜四国  (国外:朝鮮、中国(東北部))
     山地の草地や乾いた林内

  • 花期 :   6〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     1994年6月4日  山梨県櫛形山
     中上 2016年6月11日  山梨県三つ峠
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花、下右・葉 1994年6月4日  山梨県櫛形山
     下左・果実 2015年8月24日  群馬県前橋市

  • 撮影記 :
     花がミカンの仲間の橘に似ていることからこの和名が付けられている。
     色々な花が咲く櫛形山は、かってはホテイアツモリソウで有名であったが、最近はほとんど絶滅に近い。
     まだ、どこかにあるかもと訪れた山中で、この花だけは昔と変わらず咲いていた。

     最近訪れた山梨県の三つ峠、久し振りの訪問だったがこの花があちこちで見られ、こんなに多かったかなと思った時ふと気がついた。
     かってこの山で有名だったアツモリソウも盗掘で激減のうえ、わずかに残った株も鹿に食べられているとのことで保護活動がおこなわれていた。
     見た目は優しそうなこの花、毒があるようで鹿が食べず、この花だけが増えているという事実だった。
     最近、鹿や猪の食害が各地で目立つ。何とかしないと日本の植生が変わってしまいそうだ。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
クサタチバナ2

花

果実(袋果)