ジョウシュウカモメヅル(上州鴎蔓)

Vincetoxicum sublanceolatum nar. auriculatum


ジョウシュウカモメヅル

  • 科名・属名 : ガガイモ科 カモメヅル属
     注.APG分類ではキョウチクトウ科(APOCYNACEAE)

  • 特徴 :
     つる性の多年草。
     茎は巻きついて長く伸びる。
     葉は対生し、長楕円状広披針形で長さ3〜11cm、幅1〜2.5cm。先は鋭頭〜鋭尖頭、基部はやや心形、全縁で両面無毛。葉柄は長さ7〜15mm。
     花は葉腋から出た長さ1〜2cmの花柄の先に散状に2〜数個つき、暗紫色を帯び、径15〜20mm。花冠裂片は細長く、副花冠の裂片はやや扁平。
     果実(袋果)は単生し、披針形で長さ5〜7cm、幅6〜7mm。種子は広卵形で長さ約6mm、ごく狭い翼がある。

  • 分布・生育地 :
     本州(関東〜近畿地方) (国外:日本固有)
     草地

  • 花期 :   7〜9月

  • 撮影月日・場所 :
     2015年8月24日  群馬県前橋市
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花、以下全て    同  上

  • 撮影記 :
     コバノカモメヅルの変種で、母種の花が径5〜12mmであるのに対し、本種では径15〜20mmと大きいのが特徴である。
     以前からこの花の存在を知り探していたが、これまで出会った花は、15mm近いものもあったが、同じ株に条件以下の小さな花も一緒に咲いていて、今ひとつ自信が持てなかった。
     群馬のある池の周囲の小さな草地、この花が咲いていていずれも大きな花を咲かせていた。
     大きさを測ると径2cmくらいのものもあり、持っていたメジャーを当てて撮影した。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花1

花2