オキナワシタキヅル(沖縄したき蔓)

Stephanotis lutchuensis var. lutchuensis


オキナワシタキヅル

  • 科名・属名 : ガガイモ科 シタキソウ属
     注.APG分類では、キョウチクトウ科シタキソウ属、学名(APOCYNACEAE Jasminanthes mucronata)

  • 特徴 :
     草丈十数mになる常緑のつる性植物。
     若枝は先端部分を除き無毛。  葉は対生し、卵状楕円形で長さ約10cm前後。先は鋭尖頭で基部は浅心形、全縁で表面は無毛か脈上にまばらに毛がある。葉柄は長さ1〜2cm、無毛。
     花は葉腋からでた柄の先に集散花序に2〜3個つき、花冠は白色で芳香があり、5裂して裂片は長さ13〜16mm、筒部は7〜8mm。萼片は5全裂して長さ3〜10mm。
     果実(袋果)は水平に開出し、披針状長楕円形で先は細長く尖り、長さ約14cm、径約1.5cm。

  • 分布・生育地 :
     九州(南部)〜沖縄 (国外:日本固有?)
     山地の林縁

  • 花期 :   4〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     2016年5月13日  沖縄県国頭郡
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花、以下全て    同  上

  • 撮影記 :
     沖縄北部、やんばるの林中に伸びる林道際、高く伸びた蔓から白い花がいくつかぶら下がっていた。1週間前は白く見えるほど花が多かったようだが。
     パッと見た目、本土のシタキソウより花が小さい。蔓も毛はあるものの、密に生えるという感じではなかった。
     九州南部から沖縄にかけて知られ、本土に分布するシタキソウに比べ、全体に毛が少なく、花の筒部が短いのが違いとされている。
     ただ、最近のAPG分類によると、両者は同一種とされている。ここではシタキソウの変種という従来の位置づけのままとした。

  • 葉

    茎

    同じ科の仲間の花
花

花(筒部)