ケヤマウツボ(毛山靫)

Lathraea japonica var. miqueliana


ケヤマウツボ

  • 科名・属名

  •  ゴマノハグサ科 ヤマウツボ属

  • 特徴

  •  草丈10〜30cmの寄生植物。
     葉は鱗片状で、まばらにつく。
     花冠は筒状で2唇形、白色〜紅紫色を帯び、長さ12〜15mm。上唇は幅広く、下唇は3裂する。
     ヤマウツボの変種で、茎の上部に軟毛があるのが特徴である。
     ヤマウツボと分けない意見もある。

  • 分布・生育地

  •  本州(福島県以南)、九州
     やや湿り気のある落葉樹林下

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年4月18日 福島県双葉郡
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  ヤマウツボによく似ていて、上部の茎に毛が多いというのが特徴とされているが、違いはわかりにくい。
     福島県のある谷に、春の花を探しに出かけた。時期的には少し早いかなとは思ったものの、他の花見の予定からすると今日しかない。
     目的の花は簡単に見つかったものの、やはり少し早めで咲き出したばかりだった。代りに、やや遅めのヒメフタバラン、咲き始めのこの花などが明るい林床を彩っていた。

    同じ科の仲間の花
花アップ