ミゾホオズキ(溝酸漿)

Mimulus nepalensis


ミゾホオズキ

  • 科名・属名

  •  ゴマノハグサ科 ミゾホオズキ属

  • 特徴

  •  草丈10〜30cmの多年草。
     茎は分枝して広がり、葉は卵形〜楕円形で尖り、縁には少数の鋸歯があり、基部には柄がある。
     花は上部の葉腋に黄色い1花をつける。萼は先が切形で5個の突起がある。
     花の終わった後の果実がホオズキに似ていることからこの和名が付けられている。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州 山地の水湿地

  • 花期
  • : 6〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年6月7日 福井県三方郡
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  緑鮮やかな梅雨時、低山は一斉に咲いた春の花も終わり、一服といった雰囲気である。
     そんな花の少なくなりかけた時期、沢沿いや湿地などで鮮やかな黄色のこの花が咲いている。
     もう少し高い山に咲くオオバミゾホオズキそっくりで、分枝することや葉に柄があること、 萼の先が切形であることなどの違いがある。花も本種のほうが小ぶりである。

    同じ科の仲間の花
花アップ