オオカワヂシャ(大川萵苣)

Veronica anagallis-aquatica


オオカワヂシャ

  • 科名・属名

  •  ゴマノハグサ科 クワガタソウ属

  • 特徴

  •  草丈1m近くなる多年草。帰化植物。
     茎は直立し、葉は長楕円形〜披針形で柄がなく、対生する。上部では基部が心形で茎を抱く。
     花は葉腋に穂状の花序を出し、赤紫色の大きな花を多数つける。
     果実の花柱は長さ3mm程度と長い。

  • 分布・生育地

  •  帰化 川岸や田や溝

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年5月5日 東京都日野市
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  ゴマノハグサ科を掲載した際、愛知のN氏から、本種として載せた花はカワジシャで、本種は花も大きく赤紫色を帯びていると指摘された。
     すぐに取り消したが、早く本種を見たいものだと思っていた。
     2005年春、帰化植物でも写そうと近くの多摩川の川原を歩いた。
     すると遠くからでも目立つほど大きなこの花が群生していた。確かに花が大きく色も違っていた。近くには在来種のカワジシャも多く混生していた。

    同じ科の仲間の花
花アップ