セイヨウヒキヨモギ(西洋引蓬)

Parentucellia viscosa


セイヨウヒキヨモギ1

  • 科名・属名

  •  ゴマノハグサ科 セイヨウヒキヨモギ属

  • 特徴

  •  草丈20〜70cmの半寄生の1年草。帰化。
     茎は直立してほとんど分岐せず、全体に白色の毛と開出した腺毛が生える。
     葉は下部で対生、上部で互生してやや密につき、広披針形〜狭卵形で、長さ1〜4.5cm、幅0.4〜1cm。先は尖り、基部は茎を抱き、縁には尖った鋸歯があり、無柄。
     花は上部の葉腋に1花つき、花冠は黄色で唇形、長さ1.5〜2cm。
     果実(刮ハ)は長楕円形で、長さ約8mm。

  • 分布・生育地

  •  帰化(地中海沿岸原産)  道端

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2013年6月1日 熊本県山鹿市
     中、下左・花、下右・葉   同 上

  • 撮影記

  •  道端のやや湿った草地、点々と黄色のこの花が咲いていた。
     1973年に千葉県で最初に見つかった比較的新しい帰化で、ヒキヨモギによく似ているが全体に毛深い。
     帰化ではあるが、綺麗な花なのでぜひ出会いたいと思っていた。
     この日は朝から雨が降り続く悪天候で、撮影に夢中になっていたら、いつに間にか傘を手放していて、すっかりびしょ濡れになってしまった。

    葉

    同じ科の仲間の花
セイヨウヒキヨモギ2

花