ツクシクガイソウ(筑紫九蓋草)

Veronicastrum sibiricum var. zuccarinii


ツクシクガイソウ

  • 科名・属名
  • : ゴマノハグサ科 クガイソウ属

  • 特徴

  •  草丈70〜120cmの多年草。
     葉は4〜8個輪生し、長楕円状披心形で長さ5〜18cm、幅2〜5cm。縁に多くの鋸歯がある。
     クガイソウの変種で、葉や茎にやや密に毛が生えるのが特徴である。

  • 分布・生育地

  •  九州(北部)  山地の草地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年8月8日 大分県
     中・花、下・茎   同 上

  • 撮影記

  •  小さな草地に、ナンゴククガイソウに似た花が2、3本咲いていた。
     この地ならこの花の可能性が強い、違いは茎や葉に毛がないナンゴクに対し、毛が生えることだ。見ると茎に生えた短い毛が逆光で白く光っている、間違いないこの花だ。毛の違いだけでなく色も淡い感じがする。
     昔は他のクガイソウの仲間のように群生していたのだろうか、今は開発から取り残された狭い草地にわずかに残っているだけ。
     しかし、こんな狭い場所にもかかわらず、アソノコギリソウの白い小さな花や他の希少種も花を咲かせていた。

    同じ科の仲間の花
花

茎