オオイワカガミ(大岩鏡)

Schizocodon soldanelloides var. magnus


オオイワカガミ

  • 科名・属名
  • : イワウメ科 イワカガミ属

  • 特徴

  •  草丈10〜30cmの常緑の多年草。
     葉は円形大型で長さ幅とも8〜12cmになり、多数の尖った鋸歯がある。
     花は茎の先に3〜10個つき、淡紅紫色で径1〜1.5cm。花色は濃淡色々ある。
     花の色が白いものがあり、
     シロバナオオイワカガミ(f. niveus)という。

  • 分布・生育地

  •  北海道南部〜本州(中部の日本海側)
     山地の岩場、高山の草地

  • 花期
  • : 4〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年4月29日 新潟県北魚沼郡
     中・濃色花 2012年5月24日 滋賀県高島市
     下・シロバナ   同 上

  • 撮影記

  •  雪の溶けたばかりの日本海側の林下に群生している場合が多い。
     オオイワカガミとの名があるようにイワカガミに似ているものの、はるかに大きな葉を付ける。
     花の色は淡紅紫色が基本であるが、濃紅紫色のもの(中の写真)や白色のもの(下の写真)のように変化が多い。

    同じ科の仲間の花
濃紅紫色花

シロバナオオイワカガミ