アキノキリンソウ(秋の麒麟草)

Solidago virgaurea subsp. asiatica


アキノキリンソウ

  • 科名・属名
  • : キク科 アキノキリンソウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜80cmの多年草。
     根出葉は普通花時には枯れ、中部の茎葉は卵形〜卵状長楕円形で、長さ7〜9cm、幅1.5〜5cm。縁には内側に曲った鋸歯があり、基部は円いか楔形で、葉柄の翼につながる。上部の茎葉は長楕円状披針形で柄がない。
     頭花は枝先に散房状または総状につき、黄色で径1.2〜1.4cm。総苞は狭鐘形、総苞片は4列、外片は長さ1mmで鈍頭。
     そう果は円柱形で、冠毛は長さ約3.5mm。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  日当たりのいい山野

  • 花期
  • : 8〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  2001年9月23日 山梨県大月市
     下 1987年8月21日 徳島県剣山

  • 撮影記

  •  秋の山野でよく見かけるこの花、キリンといわれるほど草丈(背)が高いわけでもないのにと思っていた。
     調べて見ると、和名の由来は黄色の花がベンケイソウ科キリンソウに似ていることからつけられたらしい。花が似ているかどうかは人によるが。
     秋は黄色の菊の仲間が多いが、俗に言う野菊とは花のつき方が違うので、ぜひとも注意して見て欲しい。

    同じ科の仲間の花
花アップ