ダイトウワダン(大東わだん)

Crepidiastrum lanceolatum var. daitoense


ダイトウワダン1

  • 科名・属名
  • : キク科 アゼトウナ属

  • 特徴

  •  草丈10〜30cmの多年草。
      茎は太くて短く根茎状になり、側枝を10〜20cm伸ばし、先端に根出葉をロゼット状につける。
     根出葉は倒卵状披針形〜狭倒卵状披針形で、長さ5〜15cm、幅3〜6cm。葉の最も広い部分は中央部以上で、表面に白味はなく光沢がある。
     頭花は根出葉の葉腋から側枝を出し、先端に散房状に密につき、黄色で径約1.5cm。
     ホソバワダンの変種とされ、葉の形や光沢などが違いとされている。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(大東島固有) 海岸の岩場

  • 花期
  • : 11〜3月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年12月3日 沖縄県南大東島
     中、下  同 上
     中は拡大写真あり(写真をクリック)

  • 撮影記

  •  大東島の隆起サンゴ礁の海岸でこの島の固有種のいくつかを撮影した。
     あと一つこの花が見当たらない。もっと違う場所にあるのだろうと探す場所を変える。
     すると環境の異なる場所にこの花の咲いているのを見つけた。
     ブッシュを分けサンゴ礁の岩場に近づくと、根茎から側枝を伸ばした先にロゼット状の根出葉を作り、その間から花茎を伸ばし花を咲かせる様子がよくわかった。
     やや丸みを帯びた光沢のある葉と、図鑑の記述どおりの側枝の伸ばし方や根出葉の作り方に感心しながら撮影した。

    花アップ

    同じ科の仲間の花
ダイトウワダン2

ダイトウワダン3