ダンドボロギク(段戸襤褸菊)

Erechtites hieracifolia


ダンドボロギク

  • 科名・属名
  • : キク科 タケダグサ属

  • 特徴

  •  草丈50〜150cmの1年草。帰化。
     茎は柔らかくて直立し、上部で枝を分ける。
     葉は線形〜線状披心形で、長さ5〜40cm。縁には不揃いの鋸歯があり、時には羽状に裂け、基部は茎を抱く。
     頭花は円錐花序になって多数上向きにつき、全て筒状花。花冠は長さ12〜13mm、先は淡黄色〜緑黄色、下部は白色。
     総苞は長さ10〜15mm。冠毛は白色。

  • 分布・生育地

  •  帰化(北アメリカ原産)
     山地の伐採跡、道端

  • 花期
  • : 9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年9月22日 東京都高尾山
     中・花   同 上
     下・花序   同 上

  • 撮影記

  •  山道を歩いていると、伐採後にこの花が多数咲いているのを見かける。帰化植物のこの花だ。この写真も高尾山近くの伐採地で咲いていた。
     全体の感じは、同じく帰化のベニバナボロギクとよく似ている。
     違いは花の色と、ベニバナボロギクが下を向いて咲くのに対し、この花の属するタケダグサ科の花は上向きに咲くことだ。
     帰化植物にもかかわらず、1930年代、愛知県の段戸山で見つけられたため、古くからある種のような和名がつけられている。

    同じ科の仲間の花
花

花序