ハマコウゾリナ(浜髪剃菜)

Picris hieracioides var. litoralis


ハマコウゾリナ1

  • 科名・属名
  • : キク科 コウゾリナ属

  • 特徴

  •  草丈10〜25cmの2年草。
     コウゾリナの海岸型の変種(品種扱いの考え方もある)で、地上付近で分枝し、根出葉が花時でも枯れず、茎葉よりも大きい、花の径が2cmと小さいことが違いとされている。

  • 分布・生育地

  •  本州(千葉〜静岡県)
     海岸の砂地や草地

  • 花期
  • : 10〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年10月17日 千葉県銚子市
     中 2007年10月21日 神奈川県三浦半島
     下・花 2009年10月17日 千葉県銚子市

  • 撮影記

  •  晩秋の海岸に咲くキク科の花との出会いを求め三浦半島に出かけた。
     小春日和の穏やかな日、海岸は子供連れの家族客で賑っている。
     海岸の岩場に降りる急な斜面に、張り付くようにこの花が咲いていた。
     海からの強風にさらされるせいか、草丈が低く、根元からよく分枝するのが特徴で、コウゾリナの海岸型とされている。
     銚子市の犬吠埼に出かけたら、ここにも多くのこの花が咲いていた。

    同じ科の仲間の花
ハマコウゾリナ2

花