ホクチアザミ(火口薊)

Saussurea gracilis


ホクチアザミ

  • 科名・属名
  • : キク科 トウヒレン属

  • 特徴

  •  草丈10〜30cmの多年草。
     茎は細く直立する。
     葉は互生し、下部のものは長い柄があり、長三角形で、長さ6〜11cm。先は尖り、裏面には白い綿毛が密生する。
     頭花は散房状につき、全て筒状花で、小花は紅紫色。総苞はやや筒形で、紫色を帯び、多少くも毛がある。総苞片は卵形で、外片の先は尖る。

  • 分布・生育地

  •  本州(愛知県以西)〜九州  山地の草原

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年9月27日 大分県大分郡
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  湯布院近くの草原は、本州では見られない花が多数見られる。
     初めて訪れた9月初め、ヒゴタイの紫色に感動していると、根元にこの花の蕾があった。
     花を期待していたのに全て蕾、十数年後リベンジを期して再訪した。
     この時期になるとヒゴタイはすっかり残花、アザミ類も多く9月初めとはすっかり様変りだ。
     この花はススキの根元で隠れるようにしていたが、期待通り花を咲かせていた。

    同じ科の仲間の花