マルバダケブキ(丸葉岳蕗)

Ligularia dentata


マルバダケブキ

  • 科名・属名
  • : キク科 メタカラコウ属

  • 特徴

  •  草丈50〜120cmの多年草。
     茎は基部が約1.3cmと太く、無毛。
     根出葉は腎円形で、長さ約30cm、幅約40cm、長い柄がある。茎葉は2個、基部は膨らんで茎を抱く。
     頭花は散房状に1〜数個つき、黄色で径約8cm。舌状花は10個程度。総苞は球形で濃褐色。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部〜東北地方)、四国
     深山の湿り気のある草地、林下

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2000年9月9日 山梨県大月市
     下 1994年8月6日 神奈川県箱根

  • 撮影記

  •  大きな円い葉の間から太く力強い花茎を伸ばし、黄色のキクらしい花をつけるこの花、中部地方以北と四国に知られている。
     深山の林縁や湿った場所でよく見られ、山の花の写真には欠かせない花だ。
     北日本では、同じように散房状に花をつけるトウゲブキがあるが、草丈も高く総苞片も緑色で濃褐色の総苞片を持つこの花と区別できる。

    同じ科の仲間の花
花