ナンブアザミ(南部薊)

Cirsium nipponicum


ナンブアザミ1

  • 科名・属名
  • : キク科 アザミ属

  • 特徴

  •  草丈1〜2mの多年草。
     根出葉は花時には枯れ、茎葉は楕円状披針形で、長さ20〜30cm、羽状中裂するものから鋸歯のあるものまで変異が多い。葉の基部は茎を抱かない。
     頭花は多数枝の先に点頭し、径2.5〜3cm。総苞は筒形で幅約2cm、総苞片は7列、外片と内片は長く伸び、反り返るか開出する。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部地方以北)  山野

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年8月29日 福島県裏磐梯
     中 2012年9月9日 長野県戸隠高原
     下左・花 2009年8月29日 福島県裏磐梯
     下右・葉 2012年9月9日 長野県戸隠高原

  • 撮影記

  •  本州中部地方以北に普通に見られるアザミであるが、雪の多いところに生えることが多いため、中部や関東の南部では見られず、代わりに変種のトネアザミが見られる。
     葉だけの写真は切れ込みのない鋸歯だけの物であるが、上の写真のように羽状に切れ込む葉もあり、葉の形は変異が多く葉だけでは同定は難しい。
     この花を目的に出かけるといくことはまずなく、どの写真も別の花を撮影に出かけた場所で山道際に咲いていたものである。

    葉

    同じ科の仲間の花
ナンブアザミ2

総苞