ニガナ(苦菜)

Ixeris dentata


ニガナ1

  • 科名・属名 : キク科 ニガナ属
     注.APG分類では、学名(subsp. dentata)

  • 特徴 :
     草丈20〜50cmの多年草。
     根出葉は広披針形〜倒卵状長楕円形で、長さ3〜10cm、幅0.5〜3cm。長い柄があり、様々に切れ込むことがある。茎葉はやや小さく、基部は茎を抱く。
     頭花は枝先に多数つき、黄色で径約1.5cm。舌状花は5〜7個、総苞は長さ7〜9mm。
     果実(痩果)は長さ4〜4.5mmで、先は細くなって嘴となる。
     白い花をつけるものがあり、
     ●シロニガナ(f. albida)(右下の写真)という。

  • 分布・生育地 :
     日本全土 (国外:朝鮮、中国(中部))
     山野の日当たりのいい所

  • 花期 :  5〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     1997年5月18日  静岡県富士市
     中上・群落 2016年4月24日  静岡県浜松市
     下左・花 2014年5月18日  愛知県豊橋市
     下右・シロニガナ 1993年7月8日  長野県霧が峰年月日  
     (上、中上、下右は拡大写真あり、写真をクリック)

  • 撮影記 :
     ニガナの仲間はよく似たものが多く、この花も同じような場所に生えるハナニガナとよく似ていて、しっかり違いを確認しておかないとわからなくなってしまう。
     最大の特徴は、花弁の数が5〜7個とハナニガナの8〜11個に比べて少ないことで、花弁の数が少ない分弱々しい感じを与える。
     この花には白いものがあり、シロニガナ(下右の写真)という。

  • シロニガナ

    同じ科の仲間の花
ニガナ2

花