タチアザミ(立薊)

Cirsium inundatum


タチアザミ1

  • 科名・属名
  • : キク科 アザミ属

  • 特徴

  •  草丈1〜2mの多年草。
     根出葉は花時には枯れ、茎葉は長楕円形で長さ15〜25cm。あまり分裂せず縁は鋸歯縁のものが多いが中裂するものもあり、基部は半ば茎を抱く。
     頭花は枝の先に上を向いて咲き、紅紫色で花冠は長さ18〜20mm。総苞は椀形で幅2〜3cm、総苞片は直立または斜上し粘らない。

  • 分布・生育地

  •  本州(東北〜北陸地方の日本海側) 湿地

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2012年9月9日 長野県戸隠高原
     中 2009年8月29日 福島県裏磐梯
     下左・総苞 2012年9月9日 長野県戸隠高原
     下右・葉   同 上

  • 撮影記

  •  福島県の裏磐梯の湿地でこの花を見たが、遠くて総苞や葉などを写すことができなかった。
     もっと近くでこの花を見たいと思い、戸隠高原に出かけた。
     目的の花の花期に合わせてきたので、この花の適期には少し遅いと思っていたが、何とか咲き残っている株がいくつかあった。
     湿地性のアザミで、花は上を向いて咲き、総苞片が斜上〜直立するのが特徴である。
     尾瀬で見られるオゼヌマアザミもよく似た花を咲かせ、この花の変種になっている。
     葉は基本的にはあまり羽状に裂けず、ほぼ全縁で縁に小さな鋸歯か刺があるだけである。

    葉

    同じ科の仲間の花
タチアザミ2

総苞