チチコグサモドキ(父子草擬)

Gnaphalium pensylvanicum


チチコグサモドキ

  • 科名・属名
  • : キク科 ハハコグサ属

  • 特徴

  •  草丈10〜30cmの1〜2年草。帰化。
     茎はあまり分枝せず、全体に綿毛に覆われ白っぽく見える。
     葉はへら形で、長さ1.5〜4cm、幅約1cm。先は円くて短い突起がある。
     頭花は上部の葉腋から出た小枝に数個、穂状〜総状につき、淡褐色。総苞は卵形で、長さ4〜5mm。冠毛は白色で、基部は環状に合着する。

  • 分布・生育地

  •  帰化(熱帯アメリカ原産)
     本州〜九州  道端や荒地

  • 花期
  • : 4〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年7月6日 千葉県山武郡

  • 撮影記

  •  梅雨時、千葉県のある山林に長いこと捜し求めていた花を撮影に出かけた。
     雨の降る中、残念ながら目的の花は終わっていて、場所の確認だけになった。
     何も撮影しないで帰るのは癪に障る。道端の帰化植物でもと、ウラジロチチコグサによく似たこの花を撮影した。

    同じ科の仲間の花