ホタルブクロ(蛍袋)

Campanula punctata


ホタルブクロ1

  • 科名・属名 : キキョウ科 ホタルブクロ属
     注.APG分類では、学名(C. punctata var. punctata)

  • 特徴 :
     草丈15〜100cmの多年草。
     根茎は短く、長い匍匐枝を出す。
     根出葉は卵心形で長い翼のある柄があるが、花期には枯れる。茎葉は互生し、3角状卵形〜披針形、長さ3〜14cm、幅1.5〜4cm。先は次第に尖り、基部はややくさび形、縁に不揃いの鋸歯がある。
     花は茎の上部に数個つき、花冠は鐘形で長さ2.5〜5cm、淡紅紫色〜白色で濃色の斑点があり、裂片には長い毛がある。萼裂片は3角状披針形で、湾入部には反り返る三角形の付属片がある。
     果実(刮ハ)は側面が裂開する。種子は扁平な楕円形で多数あり、長さ1〜1.3mm。

  • 分布・生育地 :
     北海道(西南部)〜九州 (国外:朝鮮、中国、サハリン、ウスリー、アムール)
     山野や丘陵

  • 花期 :   6〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 1996年6月18日  千葉県清澄山
     中上・全体2 2017年6月14日  静岡県下田市
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花(内側)    同  上
     左下・萼 2017年6月19日  神奈川県南足柄市
     右下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     和名の由来は、蛍を捕まえた時、虫籠の代わりにこの花に入れて遊んだという説と、ぶら下がって咲く姿が火垂(提灯の古語)に似ているという説がある。私としては、蛍説を採りたい。
     ただ、この花が虫籠の代わりになるかどうかは別として、何とも優雅な話である。
     かっては、この花も蛍もいかに身近な存在で、自然が豊かであったかを思い起こさせる。
     さて、この蛍はゲンジボタルだろうか、それともヘイケボタルだろうか。
     この花によく似たヤマホタルブクロがあるが、違いは本種では萼裂片の湾入部に三角形の付属片があることだ。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
ホタルブクロ2

花(内部)

萼