スズムシバナ(鈴虫花)

Strobilanthes oligantha


スズムシバナ1

  • 科名・属名 : ゴマノハグサ科 イセハナビ属

  • 特徴 :
     草丈30〜80cmの多年草。
     茎はまばらに分枝し、鈍い4稜がある。
     葉は対生し、広卵形〜三角状広卵形で、長さ4〜9cm、幅2.5〜4cm、鋸歯がある。
     花は枝先につき、柄がなく筒形で密につく。花冠は淡紫色で長さ3〜3.5cm。
     苞は葉状で卵円形、萼とともに白くて長い毛がある。
     果実(刮ハ)は長さ約13mm。

  • 分布・生育地 :
     本州(近畿地方以西)〜九州 (国外:朝鮮(南部)、中国(中部)
     山地の林下

  • 花期 :  9〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     2015年8月30日  広島県広島市
     中上 1987年9月20日  京都府京都市
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花1    同  上
     下左・花2 2015年8月30日  広島県広島市
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     鈴虫の鳴き出す頃咲き始めることから和名が付けられているとのことで、スズムシソウのように見ただけで和名が納得できるのではない。
     観光を兼ねて京都の鞍馬・貴船に出かけ、道を外れた小さな沢をふと覗き込んだところ、青紫色のこの花を見つけた。
     思いもかけない場所での初対面に大喜びして撮影したが、見つけたのが午後で、一日花のためもう萎みかけていた。
     2十数年後、広島で久し振りに花の時期に出会った。

  • 花1

    同じ科の仲間の花
スズムシバナ2

花1

花2